乳首開発

今日も今日とて彼女の乳首開発だ!とセフレの乳首を口に含むとすごい味がした。鼻から抜けるような苦さで、なんじゃこらーー!と顔を上げると「あ、ごめーん。〇ナコーワ塗ってたんだ」と悪びれさがみじんもない感じで謝られた。
昨晩、うだる暑さに素っ裸で寝てしまい、乳首かいーなー!もうちょっと優しく扱えよ、バカ!と屁をこきながら目を覚ますと、おっぱいにいくつも蚊による刺され痕があったそうだ。これだけ刺されても目覚めないなんて何て快眠だったのだろうと自分の健康さに感心しつつ、〇ナコーワを塗りまくったそうだ。アホだ。
彼女がアホな子なのは今に始まった話ではないが、よくよく考えるとおかしい。それは今朝の話で、今は18時間は経過した真夜中。シャワーくらいは浴びるだろうし、だいたいそんなに味と香りが長持ちするなんて、50回噛んでも味が消えないクールミントガムじゃないんだから。もっと言えば、刺されたのは乳首ではなく乳房の方だ。謎は全て解けた!
故意に塗ったな?と、彼女の勃起乳首をつまみながら問い詰めると「バレましたか」と彼女はかわいくない照れ笑いをした。スースーする鎮静剤の清涼効果が気持ち良くて、これはもしかして乳首に塗るととんでもなく乳首開発されてしまうのでは?ドキドキ!と塗ってみると、予想以上の対費用乳首開発効果が出たそうだ。そして、今日に僕とセックスする約束も忘れて一日中乳首に塗っていたのである。アホ極まれり。
乳首責めされたい女子大生の私がTwitterの裏垢男子と絡んで学んだ事
乳首でこれだったらクリに塗ったらどうなんだろう?ドキドキ!とも思ったそうだが、違う世界に目覚めそうだったのでそれは回避したらしい。まあそれは賢明な判断だと思う。なぜならば、僕もアホだったころに興味深々でペニスに塗ったことがあるのだ。ところが敏感すぎたのかヒリヒリしてその日の仕事は手付かずだったことは覚えている。ペニスでこれだったんだから、敏感の塊であるクリトリスに塗った日には阿鼻叫喚だろう。
「でもね、アナルはちょっと試してみた、ウフ」と彼女がかわい子ぶった。アホすぎる。きっとアナルだとずっとウォシュレット当てられているような感覚なんだろうな、と俺は彼女の乳首を舐めながら想像していると、ある真相に行きついた。彼女はアナルに塗った〇ナコーワを乳首にも塗ったのだ。
・・・ということは・・・謎は全て解けた!
クリ責め
クリオナ